スタートアップに賃貸オフィスにしてよかった〜というお話

スタートアップに賃貸オフィスにしてよかった〜というお話

こんばんは、シャチョウです。

去る2015年6月12日、株式会社クレアヴァンスは産声をあげました。
晴れて個人事業から法人成り致しました。
お客様各位、ご協力会社様、本当に有難うございます。
この場をお借りして、改めて御礼申し上げます。

さて、本題のスタートアップに賃貸オフィスにしてよかった〜というお話です。

とその前に、すみません。
賃貸オフィスと言っていますが、正確には弊社の事務所は、賃貸マンションです・・・
まぁ、オフィスと言ってしまえば、オフィスなので、
この点はご了承下さい♪

オフィスにはこんな種類がある

事業を始める時、事業内容や雇用をするかにもよりますが、
スタッフを雇えば必然的に、オフィスが必要になってくると思います。
『いざ自分の城が欲しい!』と思った時、どのような選択肢があるでしょうか。

office scene

・シェアオフィス
・レンタルオフィス
・賃貸オフィス
・自社オフィス

自社オフィス

まず、自社オフィス。
これは資金繰りの苦しいスタートアップ時には、もちろん除外ですね…。
持て余すほどの資金があれば話は別ですが…。

シェアオフィス

次に、シェアオフィス。
シェアオフィスのいいところは、初期費用が少ない点と、
会議室や打ち合わせスペースまで用意しているところも。
また、複合機や固定電話等、事業を始めるにあたっての、
必須アイテムが揃っているところでしょうか。
以外と、複合機や電話機を揃えていくと、経費がかさみます。
賃料に含まれているところもあれば、毎月のレンタル料を支払うというところもありますが、
初めから整備されている環境は、スタートアップ時の経費を抑えたい時期には最高ですね♪

しかし、デメリットも当然あります。
それはシェアオフィスという言葉の通り、「誰か」とシェアをするオフィスなので、
常に周りには、「誰か」がいます。
つまり、別の事業主と一緒に仕事をしていくわけです。
寂しがり屋さんなら、よい環境かもしれませんが、1人で集中して仕事をしたい方や、
周りの環境に左右されてしまう方には、向いていないかもしれません。

『あいつ、毎日大きい声で電話してて、全然集中できないじゃん!! はぁ…』
といった事も起きるかもしれませんね。

レンタルオフィス

レンタルオフィスは、どうでしょうか。
そもそも、私も区別がよく分からなかったのですが、
レンタルオフィスとシェアオフィスの最も大きな違いは、個別の扉と鍵で区切られた1〜2坪の専用スペースの有無、
ということみたいです。

レンタルオフィスは、1人で事業を開始する方に向いていると思います。
完全に区切られた専用スペースで集中して仕事ができるので、
他者に邪魔されたくない!という方にお勧めですね。

また、費用もシェアオフィスに比べると比較的安いみたいなので、
スタートアップ時にはお勧めの選択肢かもしれません。

しかし、初めから人材を雇用して事業を始めるとなると、
1〜2坪のスペースでは少し手狭・・・いやかなり手狭ですので、
1人事業を始める方向けの選択肢だと思います。

賃貸オフィス

さて、やっと本題の賃貸オフィスのお話です。

私がなぜ、賃貸オフィス賃貸オフィスとうるさく言うのか。
一番の理由は、『賃料』を安く抑えられる点です。

「おいおい、レンタルオフィスの方が安いんじゃない??」
と怒られてしまいそうですが、これには理由があります。

賃貸オフィスであれば、契約期間は通常2年が相場です。
2年間事業が継続する保証はどこにもないので、
始めから賃料の高い、シェアオフィスやレンタルオフィス(賃料がかなり安いところもありますが)を借りるより、
賃貸オフィスの方が、断然安く済むと思います。

賃料が安く、事務所OKの物件を探せば、以外と出てくるものです。
直接不動産屋に出向いて、相談してみるのも1つの方法です。
以外とネットに出ていない物件を紹介してくれたりもします。

シェアオフィスも自分の事業の拠点ではありますが、
【自分の城】ではありません。
1つの部屋を誰かとシェアするということは、人を雇いたい時、何か断りを入れたい時、
いつもシェアする方に気を使っていく必要があります。
折角オフィスを持つなら、私は周りに気を使わない環境の方がベターです。

事業を始めるなら、拡大していく事を前提にスタートします。
シェアオフィスは人数制がほとんどなので、従業員が1人、2人と増えていく度に、
プランをグレードアップし、賃料もグレードアップしていきます(泣)

レンタルオフィスも同様の事が言えます。
壁があるとはいえ、パーティションを天井まで伸ばしただけのようなものもありますし、
周りの声や物音は、いつも聞こえてきます。人を雇い入れるスペース確保も難しいです。
なんだか落ち着かない気がします。

弊社のオフィスは、マンションですが、
壁は分厚く、隣の声や物音などは一切聞こえません。
騒音等はほとんど気になったことがありません。
賃料も名古屋市港区の3LDKの相場よりもかなり安い金額です。

スタートアップ時に、例えば2人で事業を始めるのであれば、
デスクが2台おける1Rマンションでも充分だと思います。
ちょっと古めのマンションであれば、4万円台で借りれるのではないでしょうか。

まとめ

シェアオフィス、レンタルオフィスの悪口みたいな文章になってしまいましたが、
全てが悪いという訳ではありませんので、ご理解をお願いします。

賃貸オフィスの最大のメリットは「賃料」の安さです。
事務所OKの物件は中々出てこないかもしれません。

中々出てこないということは、中々引っ越さないということです。
それには理由があり、やはり賃料が安い、費用対効果が充分発揮できている、
という理由があるのではないかと思います。

これから事業を開始したいという方は、
是非一度、賃貸オフィス(マンション)を選択肢に入れてみてください。

以外な掘り出し物件があるかもしれませんよ♪

あ、事故物件ではないかだけ、要確認です!
ちなみに、建物の所有者(オーナー)が変わった物件は、
事故物件であっても、告知義務は無くなるそうです。
つまり、賃貸者に告知しなくてもよくなるそうですよ〜
この間聞いてびっくりしました(汗)

コメントを残す

Close Menu